オリジナルTシャツ情報サイト「T-SHAIRT.WEB」

クラスTシャツの生地の種類について

クラスTシャツの生地の種類についてご紹介します色々な種類の生地があるのでぜひご覧になってクラスTシャツ作りの参考にしてください。

縦糸と横糸が1本ずつ交互に組み合わされた簡単な組織になっています。

薄い織物や実用的な織物として多く使われています。

カットソー、裏起毛

平織りの変化組織で、添え糸編みの一種。

地編み糸とは別の糸を内側に出るように添えて編み、その面を針布やサンドペーパーを巻いたローラーで引っかいて毛羽を立てたものをいいます。手触りがよく柔らかいだけでなく、繊維の間に空気をたくさん含んでいるので、暖かく保温性を増します。


カットソー、天竺

横編みの最も基本的なもの。編地の表裏がはっきり区別でき、表はV字型、裏は半円形の網目になるのが特徴です。

横方向に伸びやすく、軽くて薄いので広域な用途に使用されています。

カットソー、ハニカムメッシュ

ハニカムは蜂の巣状の凹凸が表面に表れた柄です。蜂巣編みとも言い、またハニコムとも呼ばれています。

四角形のマス型で、その中で凹凸の網目が特徴です。
地厚い印象を与え、肌触りがよく、夏はサラッとした爽やかな風合いをもちます。

布帛(ふはく)綾織り

生地に斜めの畝(うね)が表れるのが特徴です。

平織りに比べて糸が長く表面に出ているため、滑らかで光沢があります。

糸の密度を高めながら織れるので、地厚な生地となります。

カットソー、裏毛

裏起毛と同様に、添え糸編みの一種。地編み糸とは別に、裏側に細い糸を内側に出るように添えて編み、網目の一部を長く引き出すことによりパイル状の編地となります。

そのパイルの形状が肌と生地の間に空気を含むため、快適な着心地を与えます。

カットソー、鹿の子

鹿の子は、平編みの変化組織で編地の表面に隆起や透かし目を作り、鹿の子のような凹凸の網目柄を表したものです。

主としてポロシャツなどに使われ、通気性に優れ、快適な生地として知られています。

カットソー、ポリエステルメッシュ

注目サイト

シザーの販売
http://www.dowa-international.jp/ec/

最終更新日:2015/12/2

ポリエステル100%の滑らかな素材感や肌触りと共に、通気性・速乾性に優れています。

また、プリントをした際、鮮やかな発色性と共に、昇華プリントでの画像や多色イラストなどの再現性にも最適です。

TシャツオリジナルTシャツT-SHIRT.WEB
Copyright c 2008 T-SHAIRT.WEB. All Rights Reserved.