オリジナルTシャツ情報サイト「T-SHAIRT.WEB」

加工方法(製法)

加工方法のご紹介をします。どのような加工方法があるかぜひご覧になってください。

インクプリント(シルクスクリーンプリント)

ラバータイプのインクでプリントすることによって、アイテムの素材や色に左右されない最もポピュラーなプリント方法です。
インクも発泡・蛍光・金・銀・ラメなどの特殊インクにも対応しいて、デザイン・アレンジの幅も広がります。
大量プリントに適しており、個数が多い場合、比較的コストが安いプリント方法だそうです。

コピー転写

色数を気にせず、手軽にご利用いただけるプリント加工です。但し、四角のノリ痕が残ります。また、このプリントは白素材のみの対応となります。
プリント品質は家庭用プリンターで出力したものとほぼ同等です。
納期が早いことと、少数の場合コストがあまりかからないことが利点です。
但し熱圧着するため、撥水性・ナイロン系・裏地のある生地などはプリントができません。

デジタル転写

細かい表現や多彩なグラデーション表現が可能な上、洗濯などによる色落ちも少なく、素材の色などにも左右されない非常に高品質の転写プリントです。
白地のシートにイラストなどを予めプリントすることにより、色地のシャツ等でも表現が可能になります。
また製版することにより、複雑な形でも型どりが可能で、デザインの品質も高まります。
色数の多い画像やイラスト・オールディーズ風なデザインをお求めの方にはおすすめのプリントです。

インクジェットプリント(ダイレクトプリント)

デザインが多色でも縫い目をまたぐようなデザインでも生地が濃色でも自由にプリント可能な画期的な加工方法のインクジェットプリントです。
発色もよく、洗濯にも強いです。表現の幅が広がったことで細かいデザインもできます。
また小ロットでも対応可能ですので、ロットが少ない場合のコストもお得な方法です。

フロッキー

植毛シートをプリント加工し熱圧着することによって、イラストやロゴなどが厚みのある丈夫なプリントに仕上がる転写プリントの代表的な方法です。主にゼッケン・ワッペン類に多用されていましたが、最近では再注目されTシャツなどのプリントにも多く使用されるようになりました。洗濯にも強く、インパクトのあるデザイン表現が可能です。

check

動画制作 名古屋
https://www.smile-natural.com/

Last update:2017/5/2

TシャツオリジナルTシャツT-SHIRT.WEB
Copyright c 2008 T-SHAIRT.WEB. All Rights Reserved.